kihoirolabs

kihoirolab.exblog.jp ブログトップ

ちい子

耕太がずっとずっと探し続けてくれて
やっと、やっと、ちい子を見つけてくれた。

ちい子、良かったね。
大好きな耕太に会えて、でっかい目で嬉しそうな顔をしているちい子が目に浮かびます。
ちい子は力持ちだったからきっと
歩くのが困難な人たちを抱えて逃げて、自分が自分がって、そうやっていたのかな。

タイの田舎町であたしがトゥクトゥクのおっちゃんとケンカになって怒鳴り合ってたとき、
原チャで「ヒューヒュー」って言いながら通り過ぎてったカップルバックパッカー。
その後、道ばたで一服して7up飲んでたらやってきたその2人。
ちい子の第一声が「あんた、黒いねー。現地の人かと思った。」
初対面だったのにも関わらず、ちい子、あんたはあたしに金を貸してくれって言ってきた。

「こいつ、アホか」と思った。

でも3日間くらいだったか一緒に旅した。
やっぱり2人はアホだった。
でも、それ以上に最高の旅仲間だった。
カメラを盗まれたあたしに、ちい子はどっから拾ってきたのかダンボールでおもちゃのカメラを作ってくれた。
でも、それも一緒に遊んでた子供達にボロボロにされた。

別々の旅に戻る前夜、3人でシコタマ呑んで呑んでぶっ飛ぶまでに呑んだ時、
周りに人沢山いるのに
チリ子は突然プラスチックのテーブルの上に仁王立ちになってズボンを脱いでお尻を出した。

「こいつ、アホか」と思った。

「あたしの名前はちり子だ。おチリでしゅよ〜」ってグルグル回ってた。
あんた、本当に最高だった。




それぞれの家に帰ってからしばらく経って
ちい子から「あんた、どこにいんの」って電話が来た。
「ん、今、海に居る。考え事したくって海に居る。」って言ったら「今、あたしも考え事したくって北海道に来たからそこ行くわ。」って訳分からないこと言って
そしてアホなちい子は本当に来た。

釣りのおじちゃんたちに「北海道のお魚はやっぱり美味しい?」「今日釣れたら晩ご飯?」「食べに行っても良い?」って声をかけるちい子。
アホさは否定できないけど、本当にピュアで、年上とは思えないぐらいお茶目で
「夕日見たらあたし帰るー!」って言って本当に先に帰っちゃうし。
間違いなくちい子はあたしの中でダントツ、影響力の強い人だった。
あたしの絵を「訳わからんからキライ」とか「そんなんあたしも描ける!ほらな〜?」とか。
かと思えば「やっぱ映穂はあたしに似てるから好き!」とか「あんた、土から産まれた子でしょ。あたし水から産まれた人だから、あんたはあたしが居ないと生きていけない。」とか。
ちい子の残した一つ一つの言葉、あたしん中で沢山今も生きてる。

ちい子が旅先でくれたトルストイの本、大事に持ってます。
ふとした時、今でも声に出して読んだりします。
写真を撮ろうとしたら「あたしを撮ったらマジで殺すよ」って本当にビビるぐらい怒ったちい子。
おかげであなたの写真、探したけど1枚も出てこなかった。
けど、ちい子と一緒に過ごした時間の写真を見つけました。

d0195722_21521031.jpg

この後、なぜか帰っていったんだよね確か。

ちい子、超ぶっきらぼうで口汚くて時々怖いときもあったけど
それ以上に優しくて老人想いで
意外とキレイ好きで
常に耳かきをポケットに入れてたっけ、不思議な人。
安否がなかなか分からなくて、1人ぐっと怖い気持ちを押さえつけてました。
でも、耕太が「ちい子を見つけたよ!」って教えてくれました。

ちい子とまたあの海のテトラを飛び渡ってみたかった。
今度、南米を旅する時はちい子と2人でって勝手に決めてました笑
何だか寂しいけど
きっと1人でもちい子と旅してる気分になれると思います。

ゆっくり休んでね。
ちい子の「映穂の名前、あたし好きだよ〜大切にしな!」って言葉。大切にします。
あたしの中のアホNo.1をこんなに簡単に失ってしまって悔しいよ。
でも、きっとあなた以上の存在はいない、いない。
よく言うけど、ちい子の分まで、自分も周りも大切にしていきます。


長々書いちゃったけど、まーいっか。
こやって書くことで、一つ一つ、ちい子との時間を数えることが出来ました。


ありがとうちい子。
妹のようにかわいがってくれてありがとう。
ゆっくーり休んでね。

R.I.P
with so many hugs.

@kiho
[PR]
by kihoirolabs | 2011-04-24 22:15 | ひび
line

イロをイロイロ


by kihoirolabs
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30